トップ / 医師の実習の大切さとは

医師の実習について

医師の実習の大切さとは

実習を経験したら良い医師に

医師を志す学生に課せられる実習は、内気な性格である続けられるほど易しくはありません。怖気づいても否応なく取り組むように促されるので、何でもかんでも吸収する姿勢を保ちます。二度と目を開けることがない人物と対峙して医師として成長する糧を得るなど、実習には強い精神力が必須になるものが多いです。心拍数が上昇しやすい環境に身を置いて努力を怠らない日が続くと、何事にも臆することがない度胸のある業界人になれます。

医師の実習に関する説明

医師の実習とは、医学部の学生が医学に関する実技を行なうことです。主に医学部の大学内で行なうものと、病院等で専門の指導医の指導の元で行なわれる種類があります。これは医者としての能力を得ることを目的としたものであり、医者の資格を持たない者の医療行為を認めるものではないです。詳しい手順や内容は法律により定められています。医師の実習は、医学的な理論だけではなく実際の患者に向き合って、高度な知識や技術を得る為に行なうことを目的としています。

↑PAGE TOP