トップ / 医師に詳しくなるハナシ

医師のアルバイトとは

医師に詳しくなるハナシ

医師のアルバイトの時給はどれくらいなのか

医師がアルバイトをした場合、多少の誤差はありますが、時給の相場は1万円です。医者であればどのような仕事内容でもこれくらいが平均であり、専門性が高い医者や教授クラスとなるともっと高くなる場合もあります。医者のアルバイトの形態には大きくわけて二通りあります。ひとつめが日中の外来、ふたつめが夜間の当直です。日中での外来の対応としては、初診の患者の対応や自分の得意とする専門科目の外来を担当したりします。通常は午前中のみ、もしくは丸1日担当します。1日8時間のアルバイトとすると日給は8万円となります。一方、夜間の当直の担当は、常勤の医者の少ない夜から朝にかけて働くことになります。主に病棟の患者が急変した時の対応が主な役割です。患者の急変がない場合は当直室で仮眠をとることもできます。夜間の当直の相場は1晩で4万円ほどです。医師のアルバイトの時給は1万円で、丸1日で8万円です。週5日働くと年間で2,000万円になることもあり、常勤で働く医者の給与よりも高くなることもあるのです。

医師の時給についてとは

医師の時給はとても高く、アルバイトなどで一時的に仕事を行った場合でも、時給は5000円以上となっています。これはなぜ、こんなにも時給が高いのか?というと、医師になるためには、幼少から勉強を重ね、中学時代で既に将来、お医者さんになれるかなれないか、が決まっているほど、高校は進学校に進まなければ、医学部の受験さえもできないからです。なぜか?というと、当然ですが偏差値的に、商業学校などや進学校でない学校では、商業の勉強や、医学部に必要とされる数学の数ⅢCの授業がありません。そのため、高校がトップクラスの進学校に入れなかった時点で、ほぼ将来医師になれるかなれないかは決まってしまっており、このように幼少からの努力と、また、親御さんなど実家などがお金持ちか、よほどに上記のように頭が良くなければ、入ることが出来ない学部が医学部であるからです。またさらに、医学部で6年間しっかりと勉強し、国家試験に合格しなければなれない資格だからです。

↑PAGE TOP