トップ

医師が開業医になる

医師の基礎を学ぶ大切さ

医師が開業するにあたっての手順

医師が開業を決断した場合、次のような流れで医院の形態を決定します。まず、事業を始める場所やスタイルを考えます。医院はビルテナントや複合施設の利用、一戸建てによる開業など立地に様々なスタイルがあります。さらに、場所の選定はその後の経営を左右する重要なものです。患者が集まりやすい場所であるか、集客が見込めるかどうかなどから判断します。これにより、必要となる資金が大きく異なります。候補地を定めた後は、周辺の調査も欠かせません。地域のライバルとなる医院の状況や患者数等を調査する必要があります。さらに必要となる資金には、医療機器の費用や運転資金などです。医院の規模や、対応している医師の治療方法などによって異なります。そのほかの水道光熱費、消耗品などの予算化はもちろんのこと、保険診療以外に携わるスタッフが必要なケースもあります。こういった場合には人件費などの増加も想定する必要があります。これらを具体的にイメージし、必要投資額を見積もります。策定した事業計画書を金融機関へ提出し、融資を申し込むといった手順を踏みます。

医師の開業の流れとポイント

勤務医から開業医になるのは医師としての夢をかなえることになります。医院開業を成功させるポイントは、クリニックのコンセプトをしっかり固め、医師としての自分がやりたい診療とクリニックの規模を決めることです。医院の場所の選定は重要になります。近くにある診療所や競合するかもしえないクリニックの状況や診療科目を調べ、慎重に選ぶことが大切です。資金面での借入れは金融機関を比較し、有利な条件を選ぶようにします。医院の設計や内装を設計事務所を選ぶ場合は紹介で依頼することが多く、いろいろなつてをたどり実際に見学し勉強すると後で後悔することはありません。スタッフの採用は診療科目や内容で必要な人数は異なります。コンサルタントなどに相談することをおすすめします。行政への届出、保健所と事前に相談します。医院開業を成功に結びつけるには、広告やホームページなどの活用も効果があります。戦略や宣伝は医院や医師のイメージの向上になります。

↑PAGE TOP