メンズファッションの求められるポイントは着こなしだと確実に認識しますが、元を正せば着こなしとは何なのでしょうか。私はアイテムを上手く活用する手段だと想像するのです。

そのメンズファッションのアイテムを活かす着眼点とされるのは実質的には自分自身の中に足掛かりがあるのではないかと思います。

それは男のファッションというのは人それぞれなのだというということが一つのポイントであるのと同じように、男性服を着こなす人のスタイルやバランス、そしてイメージというのはまったくバラバラです。

結局のところファッションを着こなすというのは一つ、自己をよく知るということが大事だと思うのです。あなたの印象がもし面白いことを言うちょっと3枚目位のインプレッションでいるとしましょう。

体型は少し小太りな感じ。そういった方がきれい目の服を着るとどうでしょう。私は全然悪くないと思うんです。ただでもあまりサイズが合っていないものを着たりあまりにきついものを着て汗をかいてしまったりするのであればそれは間違った着こなしと言わざるを得ないです。

ただし全体を細く見せるフィットのものをきるのはアリだと思います。自分の体型を知り、自分の体型をどう見せるのか考えるのも一つの着こなしと言えると思います。スタイルというのはお金をかけて作るのではなく、ある程度ファッションを着て行ってできてくるものだと思います。どんなファッションをしていても自分のだと言いきれる、それが着こなしの極意かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>